長崎県から連想されるのは、私ならやはり「出島」となりますが、皆さんはいかがでしょうか?かつて国策として鎖国中だった江戸時代でも、国内唯一の海外との窓口の役割を担ったのが、長崎の出島だったのです。

turisurudansei

地図で確認すると驚く事かと思いますが、長崎県は何と600近い多くの島から構成されている県であり、こうした土地である事も昔から影響したのか、古くから色々な背景を持つさまざまな人達の交流の場でもあったのです。

そんな歴史が生み出す独自の文化も特徴的で、長崎ちゃんぽん、トルコライス、しっぽくといった長崎の食べ物からも一目瞭然、各国の料理をごちゃ混ぜにして新たな1つの郷土料理と化してしまう、文字通り「ちゃんぽん文化」なのです。

そんな長崎県の人達の考え方や価値観は極めて先進的であり、当時の日本ではとても考えられ無かった「男女平等」も長崎の人達にとっては、早い時期から根付いていた独自の価値観だったのです。

ですから長崎の女の子は当然、ジェントルマンを好む事で一致しており、一見する限りは鼻っ柱が強そうなキャンキャンタイプの女の子でも、紳士的に接しなければならないのが鉄則なのです。

これが好印象となって相手に伝わり、アナタも「エッチしても構わない男性」として認識して貰える事でしょう。

間違っても早い段階から「男性主導」「亭主関白」風な雰囲気を漂わせてしまってはならず、そんな間違いが瞬時にセフレ関係を遠ざけてしまうのです。

真面目で内向的なセフレ

tewotunagu

もう数年前になるでしょうか、タレントのはなわのヒットソング「SAGA佐賀ァ〜♪」で一躍注目を集めた佐賀県。ですが以前から確かに非常に陰が薄い、存在感が感じられ無い県だったのも残念ながら事実でした。

九州で唯一人口も100万人を下回っており、これといった特色をイメ−ジ出来ない感が強い県なのです。

その昔は鍋島藩が存在し、武士道の名著「葉隠れ」をお手本に真面目一徹な暮らしをして来た佐賀の人達ですから、最近の急激な時代の変化や都会的なライフスタイルの中、自分達の居所確保に戸惑っているのかも知れません。

実際には玉ねぎ、大豆の生産量が全国第1位だったり、伊万里焼や有田焼などの陶磁器など、全国的に知られる郷土品や文化も有しているのですが、インパクトを欠いている感は否めません。

keisatuken

そんな佐賀県の女の子も自ずとどこか自信が無さそうな雰囲気が漂う子が多いみたいですが、彼女達の長所をしっかり見つけ出して褒めてあげる事で、こちらに興味を示してくれる事でしょう。

そこから更にセフレ関係に引っ張り上げる事が出来るかどうかとなると、彼女達は非常に真面目かつ几帳面な性格ですので、セフレという関係を明確に伝えるのは逆効果で、曖昧にぼやかしつつの交際がベタ−かと思われます。

彼女達自身が決して出会いに対して積極的ではありませんので、掴まえるまでは苦労するかも知れませんが、一旦ゲットしてしまえば中長期的な関係が期待出来るかと思われます。

とにかく相手は真面目で内向的である事を踏まえ、接して行きましょう。

【人には聞けない】セフレの作り方一覧 メリットとデメリット – NAVER まとめ